MAKE

Make Style 越境EC

PROJECT HISTORY

当社では数年前より「MAKE.COMプロジェクト」と称し、従来の貿易ノウハウに様々なテクノロジーを取り入れることで、貿易振興・地域活性化等の社会貢献を実現するための取り組みを模索してまいりました。

2019年4月期より、MISSONを明確化し本格的に事業として取り組むべく、専任チーム(事業開発室)を組織化。
2019年9月より、山口フィナンシャルグループと連携した「地域経済活性型 中国越境EC事業」をスタート、「日本各地の”逸品”を世界へ」をテーマに輸出商社事業を本格化しました。

2022年4月からはさらに体制を強化し、中国におけるオンラインとオフラインを融合したBtoB事業、アメリカにおけるオンラインBtoBプラットフォームを活用した販路開拓事業に着手いたします。

今後も当社SPIRITである「チャレンジ精神」を忘れることなく、妥協のない進化を続けてまいります。

地域経済活性型 海外販売支援

地域経済の活性化は日本経済の喫緊の課題です。
この度当社ではリソースが不足する地方の中小企業でも、低コストで手軽に巨大マーケットである中国に販路を開拓できるスキームを構築しました。
地方銀行とも連携し、数多くの中小企業の海外展開をサポートしていきます。

"オフライン融合型" 中国越境EC

弊社が提携する「万衆雲倉」は、中国遼寧自由貿易試験区 大連エリアに位置する、東北地方で最大級の越境EC総合プラットフォームです。

保税区内でありながら、商品の展示・即売即納を実現する展示センターを有するのが最大の特長であり、オンラインとオフラインが融合する新しいプラットフォームとして充実したサービスをご提供します。

Pertnership with

logo-ymtc
logo