MAKE

News Release

ニュースリリース

> TOP  > 一覧 > 農林水産省主催事業で海外EC事業者の事例として紹介されました

農林水産省主催事業で海外EC事業者の事例として紹介されました

この度、農林水産省主催事業である「グローバル・フードバリューチェーン(GFVC)推進官民協議会」の令和2年度第2回全体会合において、海外EC事業者の事例として登壇する機会をいただきました。

■日時:令和3年3月1日(月)午後1時30分~午後4時
■開催方法:オンライン

■議事次第:

  1. 開会挨拶
  2. 【基調講演】「ポスト・コロナの中国消費市場と電子商取引」
    【深川由起子 早稲田大学政治経済学術院副学術院長(GFVC推進官民協議会代表)】
  3. 中国進出企業等からの現地状況の紹介
    (1)中国におけるECと輸入品市場の現状【ジェトロ・北京事務所】
    (2)中国ECにおける最新トレンドとその事例【合同会社オープンゲート】
    (3)海外でECを実施している事業者からの事例紹介
      ①カルビーの中国EC事業【カルビー株式会社】
      ②越境EC事業の成立ちと今後の展開【株式会社メイク】
  4. 委託事業「COVID-19によるGFVCへの影響分析調査(中国)」の報告
    【山田コンサルティンググループ株式会社】
  5. 農林水産省や公的機関等が有するGFVCの取り組みを支援する予算・枠組みの紹介
  6. 二国間政策対話・官民ミッション等の結果報告及び令和3年度のGFVC推進官民協議会の活動予定

グローバル・フードバリューチェーン(GFVC)推進官民協議会とは;

GFVC戦略(平成26年策定)に基づき、産学官が連携し、日本の食産業の海外展開を通じたFVC構築を推進するため、農林水産省が平成26年6月に設置した官民協議会です。
令和2年6月現在、550社・団体を超える民間企業、関係機関等が参画されています。

>> https://www.maff.go.jp/j/kokusai/kokkyo/food_value_chain/about.html

Scroll Up